■一概にココピートといっても、様々な種類があり、ECの数値と水分含量次第で、品質・価格もかわってきます。
 前回よりも、「復元がよくない」「色が違う」「重い」「生育が悪い」などなどのクレームがおきないルートからの入手をお勧めします。
 良い話には、裏があります。

A+ A+ A B C C-
レッドピート100%
EC0.2以下
水分含量30%以下
ブラックピート100%
EC0.2以下
水分含量35-50%
レッドピート100%
EC0.5以下
水分含量35-50%
レッドピート
EC0.5以上
水分含量35-50%
レッドピート
EC0.5以下
水分含量35-50%
海岸線に近いココピート(レッド・ブラック)
レッドピート
EC0.5以上
水分含量50%以上
ブラックピート
EC0.2以下
水分含量35-50%
ファインダスト40%
EC0.8以上
水分含量30%程度
ECも低く、よく乾いたもの
ブラックピートの入手ルートの確保が大切
一般的なココピート
ECの高いレッドピートにECの低いブラックピートを混ぜる
通常のレッドピートをわずか入れ、水分含量の高いものを混ぜ、且つ、ファインダストで嵩を増やします。
論外の粗悪品です。

※ファインダスト・・・復元・膨脹に重きを置く、圧縮版(グロウバッグ)製造の際、排除する極めて細かいココピート。
            EC数値が高く、利用価値がないため、安価で取引される。
            ファインダストが多ければ多いほど、復元・膨脹に障害が起きます。


ホームページに戻る










SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO