島根県農業試験場 研究ガイド  第173号1999年3月21日発行

■課題名
ガーベラの養液栽培
■内容
ガーベラは、フラワーアレンジメントなどの花材として、近年他の切り花に比べ特に生産を伸ばしている品目です。
しかし、慣行の土耕栽培では土壌病害による欠株の発生が多く、また改植作業に労力が掛かるほか、
中腰姿勢での葉かき、収穫作業等幾つかの問題点があります。

そこで栽培床を土壌から切り離した高床式とし、各種人工培地による養液栽培について検討しました。
なお、養液栽培システムの導入には多額の設備費を要するため、簡易な設備としました。

従来から使用されているロックウールは、燃やすなどの処理が困難なことから、それに替わる培地を検索しました。

5種類の培地を比較した結果、ヤシガラ培地は収穫本数は劣るものの、
茎長50cm以上の割合が高いことや切り花重などの点で品質が優れ、ロックウールに替わる有望な培地と考えられました。

また、栽培床を高床式としたことで、中腰姿勢での葉かきや、収穫作業の改善が図られるうえ、
病害虫防除においても薬剤を葉の裏側にかけやすくなるなど、軽作業化に繋がりました。

■期待される成果】
 改植の省力化や防除、収穫、葉かきなどの軽作業化が図れます。
 土壌病害が回避できます。
■問い合せ先:園芸部野菜花き科(担当:藤井正章) 
 TEL 0853-22-6650  E_mail noshi@pref.shimane.jp




●2007年11月
≫以前は、ロックウールで栽培されていたガーベラですが、今は、ヤシガラに切り替えてくださいました。
≫ヤシガラを粉砕したハスクチップと呼ばれているものです。
 ココピートよりも通気性に優れているので、ガーベラやイチゴなどの養液栽培に適しています。


●2008年1月

ホームページに戻る










SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO