実のところ・・・
一般的なココピートとは、繊維を取り除いた部分の副産物
オールドココピートとは、繊維を取り除く工程で生じた副産物を長年堆積させていた廃棄物
・・・なのです。

レッドピートが出来るまで・・・。
※一般的なココピートです。常に生産されています。
※日本での通称名:ココピート・ファイルピートなど
■ヤシを殻と食用に分離します。
■半年から3年程、池につけて柔らかくなった殻を機械にかけ、繊維を取り除きます。
(※池につけアクをとるなどと言われますが、実際は、柔らかくしているだけなのです。)
■繊維部分を天日乾燥させます。 ■レッドピートとして梱包作業場へ運ばれます。
(※この際、出所の精査が重要です。ECの数値など検査の裏づけがいるのです。)

■ほうきなどに製品化されます。 ■天日乾燥されます。
(※水分含量の検査が必要です。)





ブラックピートが出来るまで・・・。
※今は生産不可能です。枯渇するまでです。
※日本での通称名:オールドココピート・エイジドココなど
■ヤシを殻と食用に分離します。
■半年から3年程、池につけて柔らかくなった殻を機械にかけ、繊維を取り除きます。
(※池につけアクをとるなどと言われますが、実際は、柔らかくしているだけなのです。)
■繊維部分を天日乾燥させます。 ■10数年前までは単なる廃棄物として、堆積場所に運ばれました。


■ほうきなどに製品化されます。 ■15〜40年前から堆積されていたものをブラックピートとして、提供。長年の風雨により、ECはゼロに近くなります。
(※海岸線に近い堆積物は塩害が起きるので絶対に使えません。)



ホームページに戻る










SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO